九星気学・五黄土星

後天定位盤では中宮を定位とします。

五黄の作用はすべてのものを破壊する力、腐敗させる力で五黄土星は定座が中央にあり、他の八つのすべての星を制御し、五黄の威力が投影され影響を与えています。

「地震」は言い換えればすべてのものを新しく生まれ変わらせる再生能力があります。破壊と再生という変化を司る強運の星と言えます。

 

五黄土星の気質と運勢

幼い頃に生家が不安定になり、苦労のうちに育ったと言う場合が多く、その性質は周囲の信望を集める心が広く、心豊かな人です。

強い性格ですが温和な面をもち意志が強く、負けず嫌いですから目標の実現のためには努力を惜しまない明快なタイプです。プライドが高く人を見下す面がありますが、信念を曲げず小さな事は気にかけない大器の特性を持ちます。

他人からの引き立てや、補佐役を得て生まれながらの強運の持ち主で人の上位に立つ人です。この生まれの人は、人の上位に立つことが多いと同時に、強すぎて位負けとの言葉にあるように、気質が邪魔をして非社会的な行為を犯す人物がいます。

 

また政治に関心が高い人もこの生まれは多いようです。非常に強い星ですから、飴とムチの使い方でのしつけや教育、環境の善悪によるものと言えます。

良運の人は相当に人望を得て強運の持ち主になりますが、補佐役に適任者がいないと自我が強く出て、高慢な態度で他人から誤解や反感を買い困難します。

弱点として外見はやわらかく見えても内心は頑固で、心を許さずへんくつになる面や、他の人のアドバイスを聞かないことです。あくまで自重して謙虚な態度で行動する事で、大きく開運し成功する人です。

良い補佐役に恵まれる事により、親分肌が生かされ人の面倒を良く見る人として頼りにされます。他人に指示されるのが嫌いですが、情にもろくおだてられるとノリがよい憎めない感じの人です。

 

運勢は変化運と晩年運を持ち、生家を離れて職場での活躍により、上司や事業主から引き立てられ、援助を受けて成功する事が大切です。男女共に中年までの苦労があり、晩年になるほど落ち着きます。

この生まれでその性質があらけずりであっても、本来の性格は我慢強く忍耐の精神を持ち大器晩成型の人です。変化運であり、中年期までは波乱万丈の人生を乗り越える強運を持ちます。

更には晩年運もあり43歳から46歳、50歳から53歳頃、63歳から66歳前後に良好運が巡って来ます。

 

あなたの本命星から現状と未来を知る

自分の本命星が分かれば、その気質と運勢に従い、注意をしながら生活をすることを心がけます。しかし、九星気学では、その年、月、日、そして時間によって、あなたが行動すべき「吉方位」が異なります

年月日によって「行動していい方位・場所・時間」また、その逆の「動いてはいけない方位・場所・時間」というものがあります。

当然、一番エネルギーの高い状態の時、場所で行動をした方が、より期待する結果を得られやすくなり、また逆にマイナスなことを避けることができます。自分にとっての正しい日時、正しい方位を知ることで、より豊かな、望む人生を歩むことにつながります。

あなたが、いつ、どの方角に行動を起こせばいいのかを、あなたの本命星を元に鑑定致します。

より詳細な運勢を知りたい方は
【一般鑑定】にお申し込みください

LINEで送る
Pocket

 

九星気学は暦年です。暦では一年を「立春」から、次の年の「節分」までとなります。1月及び2月節分までに生れた方は、前年の九星でご確認下さい。

もし、自分の正確な本命星を知りたいという場合は、生年月日をお送り頂ければ、あなたの本命星を無料でお知らせ致します。

 

©Tendo Shogen